画像を持っていくのが恥ずかしいのですが・・・

投稿日:

やりたいヘアスタイルを美容師に説明する際、芸能人などの画像を見せるのが恥ずかしいという方がいらっしゃるようですが、全く恥ずかしがることはありません。

と言いますか、是非持ってきてください。

なぜなら、そのやりたいスタイルを言葉で説明するのは本当に難しいからです。

 

言葉だけでは簡単な図形ですら表現が難しいです。

例えば以下の図を誰かに口だけで説明してみてください。

そしてその人に、あなたの言葉だけを頼りに絵を書いてもらうと、おそらく全く違う図になってしまうでしょう。

違う図形

上図のような簡単な図でさえ言葉で伝えるのは難しいのですから、ヘアスタイルを言葉で伝えることなど不可能に近いです。

※美容師同志ですら言葉だけでヘアスタイルを正確に伝えるのは困難です。

 

どうせ心の中では・・・?

実は美容師の心の中では「芸能人とはベースが違うよ・・・」なんて思っているのではないか?と心配をしている人がいるかもしれませんが、そんなことは絶対にありません。

もしもそんな美容師さんがいたら、その美容師さんに問題ありかと思います。

普通の美容師であれば、まずお客様に芸能人の画像を見せていただいたなら、こんな雰囲気のスタイルにしたいのだなという判断材料の一つにします。

その後、お客様の髪質や骨格、輪郭などを考慮した提案をしていって最終的なスタイルを決めていきます。

このような流れにおいて、最初のお客様のイメージを知る部分では画像を持ってきていただくのが最もスムーズなのです。

ですので、恥ずかしがることなどせずに画像で用意できるのであれば持参することをおすすめします。!

 

特に気に入っている部分を伝えると尚よいです

出来れば、その画像のスタイルのどこが気に入っているかを伝えましょう。

何故なら美容師は、画像をそっくりそのままコピーするのではなく、その雰囲気を最大限引き継ぎながら、お客様に合わせたスタイルを提案しようとするのですが

その際に、お客様が気に入っていた部分を削ってしまうかもしれないからです。

美容師がよかれと思う事が必ずしもお客様の真意と一致するとは限りませんので、特に気に入ってい部分があるのなら伝えておいた方がきっと満足度はあがると思いますよ!

 

BeautyTopics

-現役美容師が答えます!, カウンセリング

Copyright© ビューティトピックス:美容師&毛髪診断士監修 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.