ラウレス硫酸Naの危険性について

投稿日:

ラウレス硫酸Na

巷ではラウレス硫酸Naは危険という説が多いですが、本当に危険なのでしょうか?

ラウレス硫酸Naは悪?

高級アルコール系シャンプーに配合されている界面活性剤でよく使われているのが、ラウレス硫酸酸Na(ナトリウム)です。

ネット上でラウレス硫酸Naは刺激が強いので良くないとか、ラウレス硫酸Naはコストが安いので企業にとって都合が良いだけだとか、経皮毒になるなど、好き放題言われています。

しかし、目的に合った使い方をすればラウレス硫酸Naは非常に有効な成分なのです。

コストが安いという事は消費者にも優しいという事

コストの安いラウレス硫酸Naを使用するのは企業にとって都合がよいことは間違いありませんが、それは値段にも反映されますので、消費者にとっても有り難いことは言うまでもありません。

そういった消費者にとってのメリットには触れず、企業側だけを攻撃するのは卑怯だと思います。

経皮毒について

経皮毒というのは、皮膚から有害性のある化学物質が吸収されることを言っているのですが、そもそも経皮毒という言葉は造語であり、学術的には用いられない言葉です。

経皮毒なんてありえないという説もありますし、まんざら嘘でもなさそうだという声も聞こえてきます。

皮膚を通過して吸収されそうな科学物質なんて世の中にたくさんありますので、それを全て避けようとするならば、山の中でひっそりと暮らすしかないでしょう。

また、経皮毒をうたって他の商品をすすめているケースでは、天然由来成分配合を前面に打ち出している事が多いですが、原料が天然でも化学変化を起こせば立派な化学物質です。

その化学物質が人体に悪影響を与えない保障などどこにもありませんので、その方達の論調からすると天然由来成分配合ですら経皮毒の危険性があることになってしまいますね(苦笑)

天然成分について

仮に化学歴な処理をしない純粋な天然成分のみを使ったシャンプーがあったとしても、植物を直接塗りこむことも危険が潜んでいることがありますので、一概にラウレス硫酸Naなどの化学物質が悪で、天然成分が善とは限らないことを覚えておきましょう。

まとめ

ラウレス硫酸Naは安全であるというつもりは全くありません。

しかし同時に天然成分や天然由来成分なら安全とも限りません。

それならば、その成分の特性を理解して、有効に活用していった方が私たちの生活を豊かにしてくれるのではないかと私は思います。

橋本純一

-毛髪科学
-

Copyright© ビューティトピックス:美容師&毛髪診断士監修 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.