ブラッシングは本当に髪に良いのか?

投稿日:

ブラッシングは髪に良いのか?

よく「シャンプーの前にブラッシングをしましょう」ですとか「ツヤを出すにはブラッシングがおすすめ」みたいな記事を見ますが、当店では一切ブラッシングはしておりません。

なぜかと言いますと、物理的にキューティクルに負荷をかけるので、かえって髪を傷めると考えているからです。

最近はカラーやパーマによるダメージ毛の方が増えてきましたが、そういった方の髪は非常にデリケートであり、そんなデリケートな状態の髪にブラッシングをしてしまうとキューティクルが剥がれ落ちるのは目に見えていると思いませんか?

シャンプーによる髪の絡まりを防止するためにブラッシングをするというのであれば、最初に指で優しくほぐし、大体絡まりがなくなったら目の粗い(大きい)くしで優しくとかした方が髪に負担がかかりません。

ブラッシングで優しくほぐすと言う意見もありますが、髪が絡まっている部分にボソボソ…と音をたてながらとかしている時点で負荷がかかってしまいます。

ブラッシングで出たツヤには無理がある

ブラッシングをするとツヤが出るという意見も見かけますが、それは物理的に強引にキューティクルを整えているからです。

そもそもツヤというのは、髪の表面のキューティクルがキレイに整っている事が必須であり、そこに光が当たるので綺麗なツヤが出ます。

その髪の表面のキューティクルを整えるためには水素結合やイオン結合を切ったり繋げたりしなければいけないのですが、そのためには水分と熱が必要です。

だからこそ濡れた髪をドライヤーでブローしたり、アイロンやコテをすることによりきれいなツヤが生まれるのです。

今お伝えした通りブラッシングだけでは水素結合やイオン結合には作用しないので、それでもブラッシングしてツヤが出たという事は、物理的に強引にキューティクルが整ったからであり、当然それは髪を傷めます。

ブラッシングによるツヤを求める理由が見当たりません。

また、ブラッシングだけで満足のいくツヤが出るのであれば少しは納得できますが、残念ながらそこまでのツヤは期待はできないでしょう。

勿論ドライヤーやアイロンも髪を傷めますので使用は最小限に抑えた方が良いですが、わざわざ仕上がりに期待できないブラッシングをする理由が私には見当りません。

ブラッシングすると、むしろ雑菌まみれになるでしょう。

ブラッシングで頭皮や髪の汚れをとるという意見もあるようですが、毎回キッチリ消毒しないと逆に雑菌を頭皮や髪全体に行き渡らせてしまうなんて事になります。

よくテレビで、1回使ったタオルを一晩放置しておくと驚くほどに雑菌が増えているという事実が伝えられています。

ではブラッシングの場合は?

当然、使ったブラシには頭皮のフケや油、その他の髪の汚れが付着しますので、一晩かけて雑菌が繁殖します。

そして次の日、その繁殖した雑菌を頭皮や髪の毛に塗りたくるという事になります。

まあ毎回キッチリ消毒すれば問題ないですが、頭皮のフケや油、その他の髪の汚れや雑菌などをキレイに取り除くには、相当念入りに消毒しなければならないことは容易に想像がつきますよね?

 

ブラッシングをオススメするとしたら?

もしもブラッシングをオススメするとしたら、カラーもパーマもしておらず、髪のもつれが無い状態で、頭皮の油を髪に行きわたらせてツヤを出したい場合はオススメできます。

※勿論、毎回しっかりと消毒は欠かせません!

このシチュエーション以外では、私はブラッシングをするメリットは無いと考えます。

まあ、これは意見が分かれると思いますが、少なくとも当店や私の知り合いの美容室でブラッシングを行っているところはありません。

橋本純一

-現役美容師が答えます!, 美容のうんちく・雑学

Copyright© ビューティトピックス:美容師&毛髪診断士監修 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.