美容師が正しいヘアケア方法や似合うスタイルを解説!業界裏話や本音トークあり!

良いシャンプーとは?

良いシャンプーとは

このページに辿りついたということは、恐らくあなたのシャンプー探しの旅は今も続いているのだと思います。

でも、ご安心ください。

あなたが良いシャンプーにめぐり逢うためには3つの壁を超える必要があるのですが、今回は、その壁を超える方法を分かり易くまとめてみました。

恐らく、
シャンプーの探し方をここまで具体的にまとめ上げたのは他にないでしょう。

少々長くなりますが必ずあなたのお役に立てるはずです。

この記事を読み終えた頃には、
きっとあなたは理想のシャンプーに巡り逢えるはずです!

良いシャンプーにめぐり逢うための3つの壁

それでは早速ですが、
まずはあなたが今まで良いシャンプーに巡り合えなかった壁(理由)を3つお伝えします。

● そもそも良いシャンプーの定義が分からない
● 芸能人やモデルさんのような髪になりたいと思っている
● どの情報を信じればよいか分からない

いかがでしょうか。
幾つか思い当たるふしがありましたか?

つまり、上記3つの壁(理由)さえ乗り越えれば、あなたは理想のシャンプーやトリートメントにめぐり逢うことが出来るというわけです。

では順番に乗り越えていきましょう!

そもそも良いシャンプーの定義が分からない

そもそもですが、
良いシャンプーってどんなシャンプーだと思いますか? 良いシャンプーの画像

【1】傷んだ髪を修復してくれる
【2】髪や頭皮に優しい
【3】しっかり汚れを洗浄してくれる
【4】サラサラにしてくれる
【5】髪に潤いを与えてくれる

大体上記のような項目があると思うのですが、テレビCMなどを見ていると、これら全ての項目が全て100点満点であるかのような表現をしていると思います。(つまり項目が5つなら100×5=500点満点!)

しかし残念ながら、
そんな商品を作ることは、成分の性質的に絶対不可能なのです。

例えば2番の「髪や頭皮に優しい」という項目が100点なら、3番の「しっかり汚れを落としてくれる」という項目は必ず減点されます。

何故そうなるのかを今からアミノ酸系シャンプーで例えて説明します。

成分の性質上両立出来ない項目がある

アミノ酸系シャンプーは、髪や頭皮に優しいシャンプーとして紹介されている事が多いです。

では何を以って髪や頭皮に優しいとされているのかと言いますと、第一に洗浄力の弱さがあげられます。(洗浄力の他にも基準は有りますが今回は割愛します)

アミノ酸系シャンプーにはアミノ酸系界面活性剤という洗浄成分が用いられているのですが、その特徴は「洗浄力が弱い」ことです。

洗浄力が強すぎると、必要な皮脂まで落ちてしまうので、洗浄力の弱いシャンプーが優しいと言われているのです。

つまりこれだと2番の「髪や頭皮に優しい」については高得点が狙えそうですが、3番の「しっかり汚れを落としてくれる」と言う項目については期待出来ないことがお分かりいただけると思います。

また、その弱点を克服するために、洗浄力の強い成分を混ぜた商品もあるようですが、それだと「髪や頭皮に優しい」という部分が弱くなってしまいます。

このように「髪や頭皮に優しい」と「しっかり汚れを洗浄してくれる」は両立出来ないわけです。

従いまして、いかにも全て満点を獲得できるみたいなテレビCMなどには踊らされないようにすることが重要なのです。

自動的に両立してしまう成分もある

成分の性質上、複数の項目が自動的に両立してしまう場合もあります。

再びアミノ酸系界面活性剤を例に上げて説明させていただきますと、アミノ酸系界面活性剤は洗浄力が弱いのが特徴だと説明しましたが、同時に水分と馴染みやすく残留し易いという特徴も持っています。

この性質により、5番の「髪に潤いを与えてくれる」という項目も自動的に高得点を得ることになります。

逆の言い方をすると、サラサラに仕上げたい場合はアミノ酸系シャンプーは向かないという事になります。

アミノ酸シャンプー向かない

いかがでしょうか?

ここまでの説明で、少なくとも先に上げた5つの項目全てで100点満点をとれるようなシャンプーやトリートメントなど存在しないことがお分かりいただけたかと思います。

また、各成分の相性さえよければ、複数の項目を期待できることもお分かりいただけた事でしょう。

しかし、素人さんが各成分の相性など分からないと思いますので、どのように選んでいけばよいかのコツを今からお伝えします。

一つ目の壁を乗り越える方法

まあコツと言いましても、最優先したい項目を決めたら、あるページの質問に回答していくだけです。

例えば、「髪や頭皮に優しい」という項目を最優先した場合、次に敏感肌かどうかの質問に回答して、もしも敏感肌と回答したら、次に「オイリー肌・普通肌・感想肌」の中から回答して…みたいな感じで進めていき、最終的にあなたにピッタリのシャンプーやトリートメントが見つかるという仕組みです。

このように、非常に簡単にあなたにピッタリのシャンプーやトリートメントを探すことが出来るのですが、そのページをご紹介する前に、あと二つ壁を乗り越えておかないと、せっかく理想のシャンプーやトリートメントに巡り逢えたとしても、また放浪の旅に出てしまうおそれがあります。

ということで、その便利なページをご紹介する前にしっかりと残り2つの壁も乗り越えておきましょう!

芸能人やモデルさんのような髪になりたいと思っている

もしかしてアナタは、芸能人やモデルさんというのは、髪がサラサラ・つやつやの人が多いと思っていませんか?

それは全く違います。

芸能人やモデルの方達の髪の毛も、カラーやパーマなどで傷んでいます。

芸能人の髪

あなたが憧れているサラサラ・つやつやの髪は、撮影前にヘアメイクさんがドライヤー・アイロン・コテなどを使って綺麗に仕上げているので、サラサラ・つやつやに見えるだけです。

たまにテレビの番組でメイクルームが映り、そこでヘアメイクさんが仕事しているのですが、一生懸命あのサラサラストレートヘアを作っていたり、、ふんわりパーマ風ヘアを作っているので、機会があったらチェックしてみて下さい。

そこを目指してもゴールには辿りつけない

よくお客様が「私の髪って傷んでるでしょう?」と言ってくることがあるのですが、何万人もの髪を見てきた私から見ても、平均よりも全然傷んでいない事が多々あります。

よくよく話を聞いてみると、テレビの中の芸能人の髪と比べたり、カタログのモデルさんと比べたり、時には子供と比べて自分の髪は傷んでいるという方が結構いるのです。

二つ目の壁を超えるのは簡単です

ということで、二つ目の壁を超えるのは、テレビに写る芸能人やモデルさんのような髪にしてくれるシャンプーやトリートメントなど存在しないという事を理解するだけです。

多くの方はシャンプーやトリートメントに期待し過ぎです。

CMが誇大表現っぽいのが悪いのですが、文句を言っても直らないと思いますので、あなたがCMに振り回されないように気を付けましょう。

どの情報を信じればよいか分からない

さて、いよいよ最後の壁です。

世の中には色々な情報が飛び交っていますので、一体どの情報を信じればよいのか分からないという方も多いでしょう。

結論から言ってしまえば、シャンプーやトリートメントが髪や頭皮に与える影響は、実は解明できていない部分が多く、どの情報が正しいのかは誰にも分からないので、考えても無駄という事になります。

しかし、明らかに間違った情報もありますし、限りなく本質をついているであろう情報があるのも確かですので、幾つかかいつまんでご紹介していきます。

ネガティブキャンペーンに惑わされるな!

シャンプーやトリートメントの情報が入り乱れている原因は、ネガティブキャンペーンが大きく影響していることは間違いありません。

ここでいうネガティブキャンペーンというのは、売りたい商品を良く見せるためにライバル商品を悪くいう宣伝方法のことです。

先程お伝えしましたが、シャンプーやトリートメントが髪や頭皮に与える影響というのは未だ解明できていない部分が多いので、その悪口が本当のことなのか嘘なのかを証明することは難しいです。

ですので、例えばシリコンは髪に悪いのでノンシリコンシャンプーが良いというネガティブキャンペーンが繰り広げられても、それが本当なのかどうかは誰にも分からないのです。

一方で、シリコンは毛穴に詰まるとか、キューティクルを剥がすとか言われていますし、また一方では、そういった影響は確認できていないと言われています。

どちらの意見も「●●研究所調べ」「●●医師監修」みたいにもっともらしく解説されていたりしますが、結局どちらも完全に解明されていませんので、現在のところどちらを信じればよいかという答えはないのです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

良いシャンプーは
この回答については最後にご案内しますが、他にも、あなたを混乱させそうな事例がありますので、ここで幾つかご紹介しておきます。

・「弱酸性シャンプーは髪や頭皮に優しい」はウソ
・「ラウレス硫酸Naは危険」というのは間違い
・無添加の商品は安全というのはウソ
・天然成分、天然由来成分、オーガニック、ボタニカルの危険性
・ノンシリコンシャンプーってどうなの?
・「髪の修復」という意味について
・シャンプー市場におけるネガティブキャンペーンの歴史

ザックリと例を上げてみましたが、世の中を混乱している情報は探せばまだまだあります。

3つ目の壁を超える方法

こんなに色々な情報が入り乱れている中で、一体あなたはどうすれば良いのかと言いますと、どれかひとつに絞って信じようとしないことです。

色々な情報を見つけたら「へー、そういう考え方もあるんだなー」くらいに軽く受け止めておきましょう。

※ちなみに何も調べないというのは変な商品を掴まされるおそれがあるのでNGです。

そしていよいよ最終的な結論になりますが、
あなたにとって本当に良いシャンプーやトリートメントにめぐり逢うためには、あなたが何を求めているかを決めて、それをクリアしてくれるものを選ぶことが重要です。

最後にもう一度、超えるべき3つの壁のおさらいをさせていただきます。

第一に良いシャンプーの定義として、「傷んだ髪を修復してくれる」「髪や頭皮に優しい」「しっかり汚れを洗浄してくれる」「サラサラにしてくれる」「髪に潤いを与えてくれる」というような項目全てで100点満点とれるようなものは存在せず、重要なのは、あなたが何を求めるのかを明確にする事が重要という事。

第二に、芸能人やモデルさんのサラサラつやつやな髪はアイロンやコテで作ったものなので目標にしてはいけないという事。

そして第三に、世の中の情報(特にネガティブキャンペーン)に振り回されてはいけないという事。

どうせシャンプーやトリートメントに含まれる化学物質が人体に与える影響は完全には解明されていないのだから答えを求めても仕方が無いことを理解しましょう。

あなたにピッタリのシャンプー&トリートメントを探すページ

ということでお待たせしました!

本当の意味で良いシャンプー&トリートメントというのは、あなたが求める事を満たしてくれるものという事になります。

あなたがシャンプー&トリートメントに最も期待することを決めたら、以下のページの質問に答えていけば、シャンプー探しの旅は終わることでしょう!

⇒あなたにとって本当に良いシャンプーを見つける。

 

 

関連記事